KNBC高知ニュービジネス協議会

HOME > 土佐沖メタンハイドレート実用・商用化プラットフォーム研究会
土佐沖メタンハイドレート実用・商用化プラットフォーム研究会

メタンハイドレートとは?

メタンハイドレートは次世代のエネルギー資源

メタンハイドレートとはその名の通り、天然ガスの主成分でエネルギー資源である「メタンガス」が水分子と結びつくことでできた、氷状の物質です。火を近づけると燃えるため、「燃える氷」とも呼ばれます。

メタンハイドレート1立方メートルから取り出すことのできるメタンガスは、なんと約160立方メートル。小さな体積からたくさんのエネルギーを生み出すことが可能です。
その一方で、メタンハイドレートを燃やした場合に排出されるCO2は、石炭や石油を燃やすよりも約30%ほど少ないことも特徴のひとつです。こうした特徴から、石炭や石油に代わる次世代エネルギー資源として期待されています。

出典:資源エネルギー庁ウェブサイト
https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/methanehydrate.html

土佐沖メタンハイドレートの実用・商業化にむけての提言

2021年度版

2019年度版

2015年度版

規約

名称

本会は、『土佐沖メタンハイドレート実用・商用化プラットフォーム研究会』
(以下「研究会」という。)と称する。

目的

本研究会は、『土佐沖メタンハイドレート実用・商用化』を実現するために、『開発会社』の設立及び『事業計画』の策定等に資する研究等を行い、関係者・関係機関が参画したプラットフォームを構築することを目的とする。

事業

本研究会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

  1. メタンハイドレートに関する理解促進のための講演会等の実施
  2. 掘削技術の研究
  3. メタンハイドレートの活用策(地域エネルギーを含む)の研究
  4. 事業採算性の研究
  5. 事業資金の調達の研究
  6. 地域プラットフォーム構築の研究
  7. その他、前条の目的を達成するために必要な事業

会員

会員は、本研究会の趣旨に賛同する個人・企業・政府機関・地方自治体・教育機関・その他の法人とする。

会費

会費は、当面徴収しない。ただし、講師招聘費・資料代・雑費等、必要経費を会員企業等に負担を求める場合がある。

役員

本件研究会には、次の役員を置く。

  • 代表世話人  1名
  • 座長・副座長 各1名
  • 世話人  5名以内
  • 監事   1名

職務

役員の職務分担は次のとおりとする。

  1. 代表世話人は、研究会を代表し、会務を統括する。
  2. 座長・副座長は会務を執行する。
  3. 世話人は、座長・副座長を補佐し会務を執行する。
  4. 監事は、会務の執行を監査する。

事務局

本研究会の事務局を(一社)高知ニュービジネス協議会に置く。

会計処理

  1. 事務局は、会計帳簿を作成して収支を記載する。
  2. 監事は、財産状態及び会計帳簿を監査し、報告する。

事業年度

本研究会の事業年度は、毎年1月1日から12月31日する。

制定

平成30年3月15日

プレスリリース

定期勉強会

日時 テーマ
令和3年8月19日(木) 地震・津波の長期予測はどこまで進んだか〜南海トラフの事例を中心〜
令和3年2月5日(金) 土佐沖MHの商用化・実用化に向けて 高知県内におけるプラットフォームの構築の重要性
令和2年12月17日(木) 土佐沖MHの開発に向けて 2020年度版 提言に向けて
令和2年8月21日(金) 土佐沖MHの商用化・実用化に向けて 高知県内におけるプラットフォームの構築の重要性
令和2年2月25日(火) 土佐沖MHの開発に向けて 2019年度版 提言発表
令和元年10月3日(木) 土佐沖MHの開発に向けて 海域調査公募と地元の協力要請
●土佐沖メタンハイドレート実用・商用化プラットフォーム研究会に関するお問い合わせはこちら

〒780-0822 高知県高知市はりまや町1丁目7番7号   川村ビル
高知ニュービジネス協議会事務局 宛(担当:舟越)
TEL : 088-856-8945 FAX :088-856-9113
E-mail: info@kochi-nbc.com